くらし情報『外国人留学生、抱える就職活動の困難 - 就活に関する知識不足も要因か』

2014年9月18日 09:23

外国人留学生、抱える就職活動の困難 - 就活に関する知識不足も要因か

外国人留学生、抱える就職活動の困難 - 就活に関する知識不足も要因か
厚生労働省は、全国の大学(就職支援担当部局及び留学生担当部局)および在籍留学生を対象に「大学における留学生の就職支援の取り組みに関する調査」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託)を実施した。

同省によると、日本に在留中の留学生のうち、約5割が卒業後に日本で就職を希望しているにもかかわらず、卒業後実際に日本で就職しているのは留学生の2割程度にとどまっているという。多くの留学生が就職に苦戦していることから、大学等に今後求められる対応等について調査を行った。

調査は、事前に配布・回収(※)した中から、特徴的な回答のあった20の大学およびその大学に在籍する留学生に対しヒアリングを実施した。

ヒアリング調査の結果、留学生は日本の就職活動の仕組みについて十分な知識がなく、就職活動への取り組みが遅いことがわかった。日本企業の情報も不足している。一般的に大企業志向もあることから、中堅・中小企業まで就職の選択肢が広がっていないことも明らかとなった。

また、留学生の多くがビジネスで必要とされるレベルの日本語への不安を持っていることもわかった。大学のカリキュラムで、キャリア支援と合わせた語学習得が可能となるような対応が求められている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.