くらし情報『御嶽山が7年ぶりに噴火、既に火山灰被害も - 気象庁は入山規制を求める』

2014年9月27日 18:26

御嶽山が7年ぶりに噴火、既に火山灰被害も - 気象庁は入山規制を求める

御嶽山が7年ぶりに噴火、既に火山灰被害も - 気象庁は入山規制を求める
気象庁は9月27日、長野県と岐阜県の県境にある御嶽山が7年ぶりに噴火したこと受け、火口周辺警報を発表。噴火警戒レベルを「入山規制」にするなどし、周囲に注意を呼びかけている。

気象庁によると、同日の正午前後に御嶽山で噴火が発生。南側斜面に3キロメートルを超える噴煙が確認され、今後も居住地域の近くまで影響を及ぼすような噴火が発生することが予想されるという。

そのため、同日12時36分に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを「1」(平常)から「3」(入山規制)へと引き上げた。御嶽山で噴火警戒レベルを3にまで引き上げたのは、「平成20年3月31日の御嶽山の噴火警戒レベルの運用開始以来初めて」(気象庁)とのこと。

あわせて、13時35分に降灰予報も発表。18時過ぎの時点で、山頂付近の建物が火山灰に覆われるなどの被害が既に出ている。

気象庁によると、噴火警戒レベル3(入山規制)は「居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす(この範囲に入った場合には生命に危機が及ぶ)噴火が発生、あるいは発生すると予想されている」レベルだという。また、周囲の住民は状況に応じて、災害時要援護者の避難準備などをする必要がある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.