くらし情報『バルミューダ、起きる時間にあわせて部屋を暖めてくれる「SmartHeater2」』

2014年9月29日 18:28

バルミューダ、起きる時間にあわせて部屋を暖めてくれる「SmartHeater2」

バルミューダ、起きる時間にあわせて部屋を暖めてくれる「SmartHeater2」
バルミューダは29日、アルミラジエーター方式の暖房「SmartHeater2」を発表した。就寝・起床に合わせて温度をコントロールする「ロイヤルスリープモード」を搭載している。同社オンラインストアで同日より予約受付を開始し、10月上旬から順次出荷する。販売価格はWi-Fi対応モデルが税別72,000円、Wi-Fi非対応モデルが税別69,000円となっている。なお、Wi-Fi対応モデルはオンラインストアでの限定販売だ。

SmartHeater2は、オイルヒーターに比べて立ち上がり時間を約5分の1に短縮したアルミラジエーター方式の暖房器具。旧モデルより暖房性能を10%向上させた。熱源となるシートヒーターを二重絶縁用マイカシートとアルミ中空構造のラジエーターではさみ、部屋全体(適用畳数9畳)を約10分で暖める。送風などで部屋を暖めるエアコンなどと異なり、ホコリが舞いにくく、静音性にも優れている。また、就寝時には睡眠に適した15度の低温運転を行い、起床時に20度になるよう自動で運転する「ロイヤルスリープモード」も搭載している。

Wi-Fi対応モデルでは、無料の専用アプリ「UniAuto」から運転状況の確認、電源のオン・オフ、設定温度の変更、運転モードの変更、24時間タイマーの設定、電気料金(概算)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.