くらし情報『上海問屋、ボリューム/マイクミュートを本体に搭載したUSBヘッドホンアンプ』

上海問屋、ボリューム/マイクミュートを本体に搭載したUSBヘッドホンアンプ

上海問屋、ボリューム/マイクミュートを本体に搭載したUSBヘッドホンアンプ
ドスパラは、ボリューム/マイクミュートを本体に搭載し、16bit/48kHzに対応したドライバ自動認識のUSB DACヘッドホンアンプ「DN-11477」を、同社運営の「上海問屋」で販売開始した。価格は4,999円。

同製品は、16bit/48kHzに対応したドライバ自動認識のUSB DACヘッドホンアンプである。本体にVOLUME/BASS/TREBLEという3つのコントローラーのほか、マイク接続の際に利用できるマイクミュートボタンを搭載する。これらの調整ダイアルおよびボタンは手元に置いてコントロール可能となっているので、ボイスチャット等で使用できる。PCへの接続および給電は付属のUSBケーブルで行う。USB DACはCM108AH、オペアンプにはN5532を採用している。

入力端子は、USBと3.5mmマイク入力端子。
サンプリングレートは、16bitの44.1/48kHzに対応する。イコライザーコントロールは125Hz±10dB(Bass)/10kHz±10dB(Treble)。S/N比は80dB以上。ヘッドホンインピーダンスは32~300Ω。サイズはW185×H40×D65mmで、重量は約166g。本体のほか、前述のUSBケーブルなどが付属する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.