くらし情報『日立、立ち座り動作による身体的負担を軽減する通勤電車向けシートを開発』

2014年10月23日 15:45

日立、立ち座り動作による身体的負担を軽減する通勤電車向けシートを開発

日立、立ち座り動作による身体的負担を軽減する通勤電車向けシートを開発
日立製作所は10月23日、従来よりも立ち座り動作の負担を軽減することができる通勤電車向けシートをプロダクトデザイナーの川上元美氏と共同で開発したと発表した。

従来の通勤電車シートは、低く、深く腰掛ける形状であるため、高齢者などは立ち座り動作に負担を感じていた。この課題を解決するために、従来のシートより座面の高さを約100mm高くするとともに、座面の奥行きを従来よりも約100mm浅くし、座席間に仕切りとなるひじかけを設けるなど、動作に関わる身体的負担の軽減を考慮した新しいコンセプトの車両用シートを開発した。同シートを車両の一部に導入することで、利用者はそれぞれのニーズに合わせてシートを選択できるようになる。また、座面を浅くすることにより、足を投げ出して座ることが抑制されるため、車内の空間が広がり、快適性が向上するとしている。

今回開発したシートのデザインは、世界各国で数多くの椅子をデザインしてきた川上デザインルーム代表の川上元美氏と共同で開発され、美しく座り心地のよい基本形状を追求したものになっているという。すでに、試作シートでのモニター調査を実施して改良を重ねており、車両への搭載試験などを経て今後製品化していく予定。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.