くらし情報『協和発酵キリンなど、進行期がん治療薬の併用療法の開発提携契約を締結』

2014年12月10日 19:19

協和発酵キリンなど、進行期がん治療薬の併用療法の開発提携契約を締結

協和発酵キリンなど、進行期がん治療薬の併用療法の開発提携契約を締結
小野薬品工業、ブリストル・マイヤーズ スクイブおよび協和発酵キリンの3社は12月10日、PD-1免疫チェックポイント阻害薬オプジーボ(一般名:ニボルマブ)と抗CCR4抗体モガムリズマブについて、日本における両剤の併用療法に関する第1相臨床試験の開発提携契約を締結したと発表した。

オプジーボは、根治切除不能な悪性黒色腫の治療薬として2014年9月に日本で発売され、現在、世界各国でさまざまながん腫を対象に50以上の臨床試験が実施されている。

一方、モガムリズマブは日本では2012年5月に再発または難治性のCCR4陽性の成人T細胞性白血病リンパ腫(ATL)の治療薬として発売され、2014年5月に再発または難治性のCCR4陽性の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)および皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)の適応が追加された。

両剤は、生体自身の自己免疫システムを制御することによってがん細胞の駆逐を試みる治療薬として期待されている。オプジーボはがん細胞が免疫細胞の攻撃から身を守るために悪用する制御経路をブロックして、免疫細胞ががん細胞を攻撃できるようにする。モガリズマブはがん細胞を保護する免疫細胞を抑制する。このことから併用療法により抗腫瘍免疫活性が向上する可能性が示唆されているという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.