くらし情報『パナソニック、180度チルト液晶と12倍ズーム搭載のコンデジ「LUMIX SZ10」』

2015年1月20日 18:00

パナソニック、180度チルト液晶と12倍ズーム搭載のコンデジ「LUMIX SZ10」

パナソニック、180度チルト液晶と12倍ズーム搭載のコンデジ「LUMIX SZ10」
パナソニックは1月20日、デジタルカメラ「LUMIX(ルミックス)」シリーズの新モデル「DMC-SZ10」を発表した。発売は2月13日で、価格はオープンとなっている。推定市場価格は21,500円前後(税別)。

高倍率ズームレンズを搭載しつつもボディサイズがコンパクトに抑えられた「LUMIX SZ」シリーズの新モデル。新たに、背面のモニターが上方180度までのチルトが可能となり、"自分撮り"を行いやすくなった。モニターを上方にチルトすると、自動で「自分撮りモード」が起動。シャッターを切るまでのカウントダウンや4枚までの連続撮影などの機能を利用できる。

また、自分撮りモード起動時に、人物をキレイに撮れる「ビューティー機能」を新たに搭載。肌を滑らかに写す「美肌モード」や、背景をぼかしやすくする「背景ぼかし」、人物を細身に写せる「スリムモード」を利用できる。

そのほか、「DMC-SZ8」に引き続きWi-Fi(無線LAN)接続機能を搭載。撮影した画像をスマートフォンなどにワイヤレスで転送できるほか、スマートフォンからワイヤレス操作することが可能となっている。

主な仕様は、撮像素子が有効1,600万画素の1/2.33型CCDで、レンズが焦点距離24~288mm(35mmフィルム換算時)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.