くらし情報『富士通、館林と明石のシステムセンターにティア4相当の新棟を建設』

2015年1月27日 14:46

富士通、館林と明石のシステムセンターにティア4相当の新棟を建設

富士通、館林と明石のシステムセンターにティア4相当の新棟を建設
富士通は1月27日、IoTやクラウドビジネスを加速させる中核拠点として、主力データセンターである館林システムセンター、および明石システムセンターに新棟を建設すると発表した。

2015年1月より順次着工し、館林システムセンター新棟は2016年4月に、明石システムセンター新棟は2016年7月に開設予定。

同社は、増加するクラウド需要やデータセンター活用のニーズに対応するため、東西の国内主力データセンターである館林システムセンターと明石システムセンターの敷地内に新棟を建設する。

両新棟にはSDNなど最新技術を実装し、いつでも、どこからでも、すぐにクラウドやネットワークのサービスを利用することが可能なICT環境を提供する。

新棟の概要は、次のとおり。

『館林システムセンターC棟』
建物構造:免震
延床面積:39,000平方メートル
ラック数:4,000
ティア:ティア4相当
開設予定:2016年4月

『明石システムセンターF棟』
建物構造:免震
延床面積:3,200平方メートル
ラック数:500
ティア:ティア4相当
開設予定:2016年7月

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.