くらし情報『富士ソフト、3次元画像認識を実現する「StereoVision IP Suite」を発表』

2015年2月25日 18:25

富士ソフト、3次元画像認識を実現する「StereoVision IP Suite」を発表

富士ソフト、3次元画像認識を実現する「StereoVision IP Suite」を発表
富士ソフトは2月24日、Alteraと共同開発した「StereoVision IP Suite」と評価キットを発表した。

ステレオビジョンとは、2台のカメラの視差を利用して対象物の距離を計測する仕組みである。近年の自動衝突回避や自動運転、ロボット機器の操作に活用されており、今後も、監視カメラ市場や3Dロボットビジョン、センサネットワーク市場での利用が期待されている。

同製品は、車載ステレオカメラ研究の第一人者である東京工業大学の實吉敬二准教授が開発したアルゴリズムをもとに、Alteraと富士ソフトが共同で開発し、製品化したもの。FPGAによる高速な並列ハードウェア処理を実現したことで、処理が高速化し、カスタマイズも容易になった。また、非常にコンパクトな設計となっており、さまざまな分野の組み込み製品にステレオビジョンを導入することが可能となっている。

なお、「StereoVision IP Suite」をスムーズに導入してもらうため、同製品に、カメラとAltera「Cyclone V SoC」搭載評価ボード、および実装用ソフトウェアをセットにしたステレオビジョン評価キット「StereoVision Evaluation Kit」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.