くらし情報『株トリビア (15) なぜ『HSBC中国製造業PMI』に注目が集まるの!?』

2015年2月26日 10:16

株トリビア (15) なぜ『HSBC中国製造業PMI』に注目が集まるの!?

そして、中国の景況感の改善と悪化を判断する分岐点となるのが50という数値です。通常、50を上回ると景気は拡大傾向にあり、50を下回ると景気が後退しているとの見方が強まります。

この数値は、GDPとの連動性が高く、GDPよりも約2カ月ほど先行すると言われています。

そのため、購買担当者だけでなく、原材料メーカーや金融機関の関係者も注目しており、景気動向を見極める重要な指標として位置づけられています。

○2月分の「HSBC中国製造業PMI」速報値、4カ月ぶりの高水準

HSBC中国製造業PMIは、毎月1日に発表される中国物流購入連合のPMIよりも一足早く、その前月の20日過ぎ頃に速報値が発表されます。

直近では、2月25日に2月分の「HSBC中国製造業PMI」速報値が発表され、50.1という数値となりました。50.1という数値は4カ月ぶりの高水準となり、景気の好不況の分かれ目となる50を3カ月ぶりに上回りました。前月1月分の確報値49.7からも上昇しています。

項目としては、生産と新規受注の指数が改善しています。

なお、確報値は月末から翌月初にかけて発表される予定です。

昨年の中国経済は、1990年以来24年ぶりの低成長となり、エコノミストやマーケット関係者から中国景気の減速懸念が指摘されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.