くらし情報『経済キャスター・鈴木ともみが惚れた、”珠玉”の一冊 (26) ”ミスター円”榊原英資氏が語った--『鎖国モード』の日本だから生きのびる!』

2012年12月21日 08:04

経済キャスター・鈴木ともみが惚れた、”珠玉”の一冊 (26) ”ミスター円”榊原英資氏が語った--『鎖国モード』の日本だから生きのびる!

経済キャスター・鈴木ともみが惚れた、”珠玉”の一冊 (26) ”ミスター円”榊原英資氏が語った--『鎖国モード』の日本だから生きのびる!
経済キャスターの鈴木ともみです。

今回は、榊原英資さんの新著『鎖国シンドローム 「内向き」日本だから生きのびる』(集英社)をご紹介します。

政治・経済、社会、明日の日本を担う若者までもが「内向き」だといわれる昨今の日本。

停滞、迷走する日本の将来はこのままで本当に大丈夫なのか? と皆が不安を抱くなか、同書は、これからの日本のあるべき姿をしっかりと描き出しています。

日本が「鎖国」モードに入るということは、決して後ろ向きな選択ではなく、むしろ前向きな方向性でもあるのです。

凝り固まった私たちの常識を覆し、日本人の誇るべき資質を再認識させてくれる珠玉の一冊です。

鈴木 : 「失われた10年、20年」と言われ、停滞、迷走する政治・経済、社会が慢性化し、誰もが不安を抱いてしまう時代が続いていますが、同書を読むと、とても穏やかな気持ちになりますね。

「鎖国」という言葉からは、どうしても閉鎖的で保守的なイメージを持ってしまいますが、実はこれまで日本は歴史的に江戸時代だけでなく、何度も「鎖国」モードを経験しているということを知りました。

榊原 : そうなのです。

いわゆる鎖国時代と言うと、皆さん江戸時代を思い浮かべますが、必ずしもそれだけではありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.