くらし情報『いびきを感知すると、枕の高さを変えて気道を広げる枕「いびきバスター」』

2015年3月27日 19:37

いびきを感知すると、枕の高さを変えて気道を広げる枕「いびきバスター」

いびきを感知すると、枕の高さを変えて気道を広げる枕「いびきバスター」
ドリームチームは26日、就寝時にいびきを感知すると自動で枕の高さを変えて、気道を広げてくれる枕「いびきバスター B0058」の販売を開始した。価格は税別18,333円。

枕に内蔵されたセンサーがいびきの音を感知すると、ダブルエアバッグが作動し、自動的に枕の高さを変えてくれる。これにより、頭の向きや体勢が変わるため、狭くなった気道が確保され、自然な形でいびき対策ができるという。また、いびき音を感知するモードをオフにすれば、本体横のボタンで枕の高さを変えることもできる。

ドリームチームによると、いびきは睡眠時に気道が狭くなることが原因で起こるため、枕の高さを変えて気道確保することが重要で、医学実験では、枕の高さを5mm変えただけで、いびきが止まったという報告もあるという。

枕本体の素材は低反発ウレタン。人間工学に基づき、綿密に設計されており、不安定になりがちな頭と首を支える。付属の枕カバーは、通気性の良いベロア調のパイル素材(ポリエステル100%)のため、熱を逃して一晩中快適に過ごすことができる。

電源は充電式。1回の充電時間は4時間、1日8時間使用した場合は約1週間使用できる。本体の大きさは、W54×D36×H12cm(最大幅)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.