くらし情報『スマホでモデルルームを疑似体験できる「ハコマンションVR」』

2015年4月3日 15:47

スマホでモデルルームを疑似体験できる「ハコマンションVR」

スマホでモデルルームを疑似体験できる「ハコマンションVR」
チームラボは、モデルルームをスマートフォンとダンボール製キットを使ってバーチャル空間上で体感できるアプリ「ハコマンションVR」を開発したことを発表した。同アプリはAndroid版、iOS版ともに無償で配布され、4月4日より千葉県・船橋の新築マンション「イニシア船橋夏見」のモデルルームにて先行体験できる。

「ハコマンションVR」は、モデルルーム見学時の「気軽に行きづらい」という悩みを解決すべく、バーチャル空間上で現地の雰囲気を体験できる新しい見学スタイル。同アプリをインストールしたスマートフォンをダンボール製キットにセットして覗き込むことで、その場にいながらバーチャル空間上でモデルルームを体感できるという。

また、映像は、キッチンやリビングダイニングなど物件の最大の特徴となる部屋「モデルルーム」をはじめ、実際にマンションが建つ場所(最上階7F)でパノラマ空撮した「眺望」、モデルルーム内に併設されたラウンジ空間「マンションギャラリー内ラウンジ」といった3種類の空間を体験可能。向いた方向に合わせて360度の映像が画面に映し出されるので、より空間に没入できる仕組みになっている。さらに、空間内に散りばめられている「虫眼鏡」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.