くらし情報『ダンボール製キットとスマホでモデルルームを体感できるアプリが誕生!』

2015年4月6日 17:11

ダンボール製キットとスマホでモデルルームを体感できるアプリが誕生!

ダンボール製キットとスマホでモデルルームを体感できるアプリが誕生!
チームラボはこのほど、スマホとダンボール製キットを用いてバーチャル空間上でモデルルームを体感できるアプリ「ハコマンションVR」を企画開発した。

○ダンボールの箱内にスマホをセットし立体映像を

アプリは、コスモスイニシアの新築マンション「イニシア船橋夏見」のモデルルームを、スマホとダンボール製キット「GoogleCardboard(ハコスコ社製)」を用いてバーチャル空間にに出現させるというもの。モデルルーム見学時の「気軽に行きづらい」という悩みに対するソリューションとして提案する新しい見学スタイルとなる。

アプリを起動し、スマホをダンボール製キットにセットすると、360度のバーチャル空間上でモデルルームを体感できる。空間内に散りばめられている虫眼鏡マークに視点を合わせれば、その場所のこだわりポイントや特長が表示される。この機能により、事前にある程度の物件の情報を直感的に把握することが可能となる。アプリ価格は無料。

アプリiOS/Androidに対応。4日より「イニシア船橋夏見」のモデルルームにて、ハコマンションVRの先行体験ができる。また、ウェブサイトより同マンション資料を請求した人先着300名、およびモデルルーム見学に訪れた人全員に、無料で体験キットをプレゼントするキャンペーンも実施する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.