くらし情報『ネコ科・アムールヤマネコを展示する"森"が誕生』

2015年4月24日 09:53

ネコ科・アムールヤマネコを展示する"森"が誕生

ネコ科・アムールヤマネコを展示する"森"が誕生
那須どうぶつ王国に4月18日、アムールヤマネコを展示する新施設「保全の森~消えゆく日本の動物たち~」がオープンした。

同施設は、日本の固有種の飼育・繁殖を目的としてオープンした。国の天然記念物であり、日本固有の希少種「ツシマヤマネコ」の近縁種であるアムールヤマネコと、国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」の近縁種であるスバールバルライチョウを展示・公開している。県内でのアムールヤマネコの展示は初めてのことになるという。

そのほか、季節によって羽の色が変わるライチョウや、長い舌をもつ不思議な魅力があるミナミコアリクイも公開。自然環境や野生動物の保全について学べるパネル展示も設置している。

今後は動物の種類を増やし、飼育展示のほか、ヤマネコやライチョウの繁殖も目指していくという。さらに、今回は日本に生息する動物についてが主となるが、世界の失われていく環境に暮らす動物たちにもスポットを当てて、その環境で暮らす動物たちの展示なども行っていく予定とのこと。

昨年オープンしたレストラン「ヤマネコテラス」では、新メニュー「ヤマネコランチ」を数量限定で販売している。ヤマネコ型のパンは「ツシマヤマネコ米」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.