くらし情報『Microsoft、新ブラウザ「Spartan」のバグ潰しに最大1万5000ドルの報奨金』

2015年4月24日 11:20

Microsoft、新ブラウザ「Spartan」のバグ潰しに最大1万5000ドルの報奨金

Microsoft、新ブラウザ「Spartan」のバグ潰しに最大1万5000ドルの報奨金
マイクロソフトは4月23日、オンライン・サービス・バグ発見報奨金プログラムの発展とProject Spartan新規報奨金プログラムの立ち上げ、緩和策バイパス報奨金プログラムの改定を発表した。

同社のクラウド・プラットフォームであるAzureと、ユーザーが多くのデバイスやプラットフォーム間でアイデアを表現することができるwebアプリケーションであるSway.comに関して、オンライン・サービス・バグ発見報奨金プログラムの最大支払額を増額。重大なバグや影響力が強く、より優れたバグの報告に対して、最大1万5000ドルを支払うという。

また、4月22日~6月22日(現地時間)まで実施される、Windows 10テクニカルプレビューに関連する新たな報奨金プログラムである「Project Spartanバグ報奨金プログラム」についても最大1万5000ドルを支払う。Project Spartanは、Windows 10より搭載される新世代のブラウザ。

現在実施中である、緩和策バイパス報奨金プログラム、および防御策ボーナス報奨金プログラムでは、同社がリリースした最新バージョンのOS(現在Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.