くらし情報『東京都・銀座で「越境のデザイン」展開催-タクラム、トラフら参加』

2015年5月12日 08:00

東京都・銀座で「越境のデザイン」展開催-タクラム、トラフら参加

東京都・銀座で「越境のデザイン」展開催-タクラム、トラフら参加
東京都・銀座のデザインギャラリー1953(松屋銀座7F)は、領域を横断する試みに焦点を当てた企画展「越境のデザイン crossing borders」を開催する。会期は5月20日~6月15日。開場時間は10:00~20:00(6月15日は17:00閉場)。入場無料。

同展は、永井一史の監修により、コミュニケーションやプロダクト、空間やエンジニアリングという領域を横断する試みに焦点を当てた"越境のデザイン"を提示するもの。同ギャラリーおよび主催の日本デザインコミッティーが開催してきた700回を超える展覧会では、デザインのカテゴリーに適合した内容の展開がその多くを占めてきたが、同展はこれまでとは若干異なる新しい方向性を持つという。これは、新しいものを同ギャラリーに提示して"らしさ"に揺らぎを与えることもまた、時代とともに役割が変化していくデザインの姿かと考えたから、ということだ。

なお、出品者は、デザインとエンジニアリングの両分野に精通するデザインエンジニアを中核に、その周辺に建築家・グラフィックデザイナー・サービスデザイナーといった多様なプロフェッショナルが集うクリエイティブ・イノベーション・ファームの「タクラムデザインエンジニアリング」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.