くらし情報『村田製作所、世界初の表面実装型のMEMS角加速度センサを開発』

2015年5月14日 11:00

村田製作所、世界初の表面実装型のMEMS角加速度センサを開発

村田製作所、世界初の表面実装型のMEMS角加速度センサを開発
村田製作所は5月14日、世界で初めて表面実装型のMEMS角加速度センサを開発したと発表した。

同センサは加速度センサ、ジャイロセンサをはじめとする慣性センサの設計技術と、MEMSプロセス技術を融合することで実現したもので、世界最小サイズとなる5.2×2.5mm typ. ×0.8mm max.を達成した。また、1kHz以上の検知周波数帯域を保有し、加速度換算ノイズ実効値は1rad/s2rms以下となった。

なお、この表面実装型MEMS角加速度センサについては現在、国内外で10件以上の特許を申請中だという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.