くらし情報『イチロー、手袋のルーティン秘話「いったん外す」「なぜかと言うと…」』

2021年4月12日 21:00

イチロー、手袋のルーティン秘話「いったん外す」「なぜかと言うと…」

イチロー、手袋のルーティン秘話「いったん外す」「なぜかと言うと…」

2019年3月に現役を引退したイチロー氏が、SMBC日興証券のWEB動画シリーズ『もしもイチローが社長だったら!?』で、試合中に手袋のマジックテープを外して再び付ける理由を明かした。

『もしもイチローが社長だったら!?』は、イチロー氏が人生について語った第1弾が累計1,300万回再生、子供から大人まで幅広い世代からの質問に答えた第2弾が累計2,700万回再生と、これまで大好評だったWEB動画の第3弾。今回の動画では、「上司にしたいランキング」で毎年上位にランクインしているイチロー氏が、“社長”としてさまざまな質問に答えている。

そのなかで、「あらゆるところで僕はスイッチを入れたい」というこだわりを語ったイチロー氏。試合中にも、ヒットを打って一塁に出た後、「バッティンググラブのマジックテープをいったん外すんですよ。それでもう一回付けるんです」と言い、「なぜかと言うと、打つことに集中して塁に出たら、次は走塁しないといけない。打撃から走塁に切り替わるスイッチなんです。小さいことでもそれは可能なので」と、そのワケを説明した。

また、自身のスリーアウトで回が終わった場合、「よくある光景が、ヘルメットをコーチに渡して、選手がダッグアウトから自分のグラブと帽子を持ってきてくれる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.