くらし情報『ニッカウヰスキーのシングルモルト「余市」と「宮城峡」がリニューアル発売』

2015年7月3日 16:06

ニッカウヰスキーのシングルモルト「余市」と「宮城峡」がリニューアル発売

ニッカウヰスキーのシングルモルト「余市」と「宮城峡」がリニューアル発売
アサヒビールは9月1日に、ニッカウヰスキーが製造する「シングルモルト余市」「シングルモルト宮城峡」を発売する。

○際立つ蒸溜所の個性

シングルモルトウイスキーは1つの蒸溜所のモルトウイスキーだけでつくられる。近年のウイスキー市場の拡大により、"より本格的なウイスキーを楽しみたい"というニーズが増え、シングルモルトに注目が集まっているとのこと。同社では、限りある原酒を有効に活用し、継続的に両蒸溜所のシングルモルトを楽しんもらうために、ラインアップを集約。新たな中身とパッケージに刷新した同商品を発売する。

同商品は熟成年数を表さない商品となり、それぞれの蒸溜所が保有する幅広い種類の原酒を使用。ブレンド技術を駆使することにより、個性を際立たせた。「余市」は"重厚で力強い味わい"、「宮城峡」は"華やかでスイートな味わい"を追求したという。容量は700ml、500ml、180ml、50ml。価格オープン。

「シングルモルト余市」は、創業者・竹鶴政孝がウイスキーづくりの理想の地として選んだ北海道・余市蒸溜所のモルトウイスキーのみで仕上げた。冷涼で湿潤な気候の中、世界でもまれな石炭直火蒸溜により製造された原酒を使用。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.