くらし情報『東京都・井の頭自然文化園が、フクロウとネズミを同居させた展示を開始』

2015年7月6日 12:25

東京都・井の頭自然文化園が、フクロウとネズミを同居させた展示を開始

東京都・井の頭自然文化園が、フクロウとネズミを同居させた展示を開始
井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)はこのほど、「メンフクロウとマウス(ハツカネズミ)による生態系展示」を開始した。

○"生態系を伝える"というコンセプトに基づいた新展示

今回、夏の暑さ対策のためにシロフクロウを冷房室に移し、空き室となった部屋にメンフクロウを展示し、展示を改修。新たな展示として、フクロウの部屋の中にマウス(ハツカネズミ)3頭を同居させた。

ただし、マウスのケージの上面は人工芝で覆われており、マウスは普段フクロウの視線が届かない場所にいる。1カ所だけ、マウスが顔を出せる場所があり、そこは透明のカップで覆われており、ネズミが食べられてしまうことはない。

動物は繁殖や逃避、闘争、遊びなど、さまざまな行動を取るが、重要な行動の1つが食物(獲物)を得ることとなる。「命のつながりを伝える」ということを動物園の根底にある理念と捉えれば、それに基づいた動物の配置や施設の設計があるはずだという。

自然界では捕食者と被捕食者の生活圏は重なっている。たとえば、ライオンとシマウマが水辺を挟んで、至近距離でお互いの姿が見られるよう工夫することで、野生の日常を動物園でも再現し、真の野生の表情や行動を引き出すことができるのではないか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.