くらし情報『シンガポール航空、19時間航続可能なエアバスA350-900発注--世界最長路線に』

2015年10月14日 19:59

シンガポール航空、19時間航続可能なエアバスA350-900発注--世界最長路線に

シンガポール航空、19時間航続可能なエアバスA350-900発注--世界最長路線に
エアバスは現地時間の10月13日、シンガポール航空に最大航続が19時間となるA350-900ULR(Ultra-Long Range)をローンチしたことを発表した。シンガポール航空はA350-900を63機発注しており、このうち7機がA350-900ULRとなる。また同時に、シンガポール航空は4機を追加発注し、A350-900の確定発注は67機となった。

A350-900ULRは、従来の14万1,000Lから16万5,000Lまで積載燃料を拡大し、最大離陸重を280tに増加させることで、シンガポールからニューヨークまでノンストップで飛行できるようになっている。

航続距離を8,700海里に伸ばすことで可能となるシンガポール=ニューヨーク線は、世界最長の商業乗客ルートとなる。なお、シンガポール航空は2004年~2013年の間、A340-500を運用してシンガポール=ニューヨーク/ロサンゼルスの直行便を運行していた。

A350-900ULRには最新の空力設計、炭素繊維でできた胴体と翼に加え、ロールスロイスのトレントXWBを搭載する。これにより、従来に比べて燃費を25%改善することができるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.