くらし情報『テラデータ、2016年度第1四半期にAWS上でデータウェアハウスを提供開始』

2015年10月16日 09:25

テラデータ、2016年度第1四半期にAWS上でデータウェアハウスを提供開始

テラデータ、2016年度第1四半期にAWS上でデータウェアハウスを提供開始
ビッグデータ分析とマーケティング・アプリケーションを扱う、米テラデータ・コーポレーション(テラデータ)は10月7日(現地時間)、データウェアハウジングおよび分析ソリューションであるTeradata DatabaseをAWS上でクラウド配備で提供し、本番環境のワークロードをサポートすることを発表した。

Teradata Database on AWSの最初のバージョンは、数テラバイトに対応する多様な個々の仮想サーバーであるAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)インスタンス上で、AWSがサポートされている国・地域において、AWS Marketplaceより提供される予定だ。

Teradata Database on AWSは、テスト/開発、品質保証、データ・マート、障害回復、本番分析などで利用できる。テラデータのデータウェアハウスおよび分析ソリューションの利用用途の拡大や、クラウド上のデータ・ソースおよびクラウド内で提供されているパートナー・ソフトウェアに近い位置でのデータベースの利用、システム規模の変更が容易で、セルフサービスによるプロビジョニングと時間単位の従量制課金での利用といったことが、顧客企業の主なメリットとなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.