くらし情報『GIGABYTEが「極冷OC指南イベント」開催 - オーバークロッカー清水氏が「Z170X-SOC FORCE」を使った極冷OCを実演』

2015年10月20日 12:01

GIGABYTEが「極冷OC指南イベント」開催 - オーバークロッカー清水氏が「Z170X-SOC FORCE」を使った極冷OCを実演

1回目のデモでは、銅製ポッドの取り付けからスタート。グリスは比較的厚めに塗って、これを「グリグリ」することで密着度を高めるという。そののち密着度を上げるために空だきをしてCPU温度を温めるのだが、時間短縮という事でガストーチで温めていた。

その後、液体窒素を注ぎ込みおおよそ-50℃で起動開始。この時点で「空冷だとキツイ5GHzも極冷ならラクラク」とBIOS設定を行っており、空冷との違いを見せつけていた。

1回目のデモでは最初のWindows起動で少々手間取った以外は、順調にクロックアップが進み、会場内の「OCは5.7GHzまで」という予想を覆し、6.1GHzまでオーバークロックできた。清水氏によると、今回のシステムでは事前の検証で、6.0GHzならばミスやグリスがはがれなければまず成功し、6.1GHzでも7割ぐらいの確率でうまくいくと判断していたらしい。

2回目のトライの前には熱電対(マザーボードのセンサーはマイナス温度の検知ができないため、極冷では必須のアイテム)が壊れてしまい、再度ポッドの取り付けをやり直すハプニングもあったものの、おおむね問題なくOCデモが完了した。そこで、見学に来ていた人の中から「極冷をやってみたい人」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.