くらし情報『西島秀俊&内野聖陽、“3D猫”のように飛び出す!? 新宿でコメント映像放映』

2021年10月28日 14:51

西島秀俊&内野聖陽、“3D猫”のように飛び出す!? 新宿でコメント映像放映

西島秀俊&内野聖陽、“3D猫”のように飛び出す!? 新宿でコメント映像放映

俳優の西島秀俊と内野聖陽がW主演を務める、劇場版『きのう何食べた?』(11月3日公開)の飛び出すコメント映像が訪英されることが28日、明らかになった。

同作は『大奥』『西洋骨董洋菓子店』などで知られる漫画家・よしながふみによる、累計発行部数500万部の同名コミックの実写化作。2LDKのアパートで同居する、料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗、通称・シロさん(西島)と、恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二、通称・ケンジ(内野)の毎日の食卓を通して浮かび上がる、男2人暮らしの人生の機微を描く。

この度、“3D猫”でお馴染みの屋外広告・クロス新宿ビジョンにて、西島&内野の飛び出すコメント映像を放映。下を覗き込みながら、「新宿のみなさーん」と歩行者たちに呼び掛けるところからスタートする映像は、手を振る、手を前に大きく出すなど息の合った掛け合いをみせる西島と内野の“見て楽しい”コメント映像となっている。

グリーンバックの前で撮影された同映像は、目線や手の動きなど立体的に見える角度を探りながら何度もテイクを重ね、フェイク3Dという手法で行われたという。“3D猫”で新宿の新名所になったクロス新宿ビジョンだが、立体的な広告物に人間が登場するのは今回が初めてとなる。さらに隣接するアルタビジョン新宿、NEWNO・GS新宿ビジョンでも15秒のCM映像が放映される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.