くらし情報『A.B.C-Z戸塚祥太、歌舞伎に初挑戦「市川海老蔵さんの背中を見ながら」』

2021年11月10日 12:37

A.B.C-Z戸塚祥太、歌舞伎に初挑戦「市川海老蔵さんの背中を見ながら」

A.B.C-Z戸塚祥太、歌舞伎に初挑戦「市川海老蔵さんの背中を見ながら」

歌舞伎役者の市川海老蔵が主演する『六本木歌舞伎2022』が、2022年2月18日から東京・EXシアター六本木で上演されることが決定し、アイドルグループ・A.B.C-Zの戸塚祥太が出演することがわかった。

2015年に海老蔵と中村獅童の共演、宮藤官九郎脚本、三池崇史演出により上演された『地球投五郎宇宙荒事』から始まった同公演。2017年には、リリー・フランキーが新解釈で描き出した第2弾『座頭市』を上演し、寺島しのぶと海老蔵の22年ぶりの共演で話題となった。第3弾は、歌舞伎初挑戦の三宅健が出演し、芥川龍之介『羅生門』を上演。今回はその第4弾となる。

三宅からバトンを受け継ぐ形で、事務所の後輩である戸塚が歌舞伎に初めて挑む。また、演出は、日本舞踊の宗家・藤間流八世宗家で舞踊、振付、演出と幅広く活躍する藤間勘十郎が担当し、第1弾から演出を手掛けてきた三池氏は監修として参加。東京公演はEXシアター六本木にて2022年2月18日~3月6日、福岡公演はサンパレスホテル&ホールにて3月11日~13日、大阪公演はフェスティバルホールにて3月18日~21日に上演する。

本人コメントは以下の通り。

■市川海老蔵

2015年にスタートさせた『六本木歌舞伎』も今回で第4回を迎えることができました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.