くらし情報『東京都渋谷区に、カフェ感覚で"生牡蠣"を楽しめるオイスターバーが登場』

2015年11月5日 09:00

東京都渋谷区に、カフェ感覚で"生牡蠣"を楽しめるオイスターバーが登場

東京都渋谷区に、カフェ感覚で"生牡蠣"を楽しめるオイスターバーが登場
ヒューマンウェブは11月19日、新業態「ルーフガーデンオイスターバー GUMBO&(ガンボ・アンド)」を新商業施設「渋谷モディ」(東京都渋谷区)の9階にオープンする。

同店は、"オイスターバーデビューするならGUMBO&で"をコンセプトに展開するカフェ感覚のオイスターバー。今まで、「オイスターバー」や「生牡蠣」になじみのなかった20代~30代前半をターゲットに、価格帯も同社の既存店舗よりもリーズナブルに設定。気軽に牡蠣と出会える場所を提供するという。

メニューには、同社創業以来の看板メニュー「シーフードガンボ」をはじめ、定番の「生牡蠣」「焼牡蠣」、イタリアンをベースにした前菜、ピザ、パスタを用意する。さらに、店舗名の「GUMBO」がフランス語で「オクラ」を意味することにちなみ、オクラを使った料理も提供する。

また、欧米のオイスターバーなどでは定番の「オイスターシューター」(税込530円)も全10種用意。本来は前菜にもなるアペリティフ(食前酒)だが、同店では酒は使用せず「プロシュート・マンゴーソース」や「ビーツ・帆立・カラスミ」「カボチャのスープ・生ハムフリット」などさまざまな食材にカラフルなソースやジュレを合わせた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.