くらし情報『東京都・銀座にパクチーやエスニック食材満載の新アジアン料理店が誕生』

2015年11月25日 08:30

東京都・銀座にパクチーやエスニック食材満載の新アジアン料理店が誕生

東京都・銀座にパクチーやエスニック食材満載の新アジアン料理店が誕生
外食企業の甲羅は12月1日に、銀座インズII(東京都中央区)にて新アジアン料理を提供する「オリエンタルマーケット 猛烈食堂」をオープンする。

○ヒットの予感?「爆裂パクゴレン」

同店は、"アジアに恋するすべての人のため"にパクチーをふんだんに使い、タイ料理を中心としたエスニック料理を年間通して楽しむことができるメニューを提供するという。主なメニューは以下の通り。

"パクチーとナシゴレン"から命名したオリジナルメニューの「爆裂パクゴレン」は830円。「ナシゴレン」のナシは"ご飯"、ゴレンは"炒める・揚げ炒める"を意味するインドネシア料理。鶏肉・海老・玉ねぎなどにサンバルやケチャップマニスで味付けをし、目玉焼きをのせた。「小盛パクチー」(200円)や「大盛パクチー」(400円)でパクチー増量も可能。

「超巨大ロブスター」は、5~9ポンド(約2,250g~約4,050g)の大きさのロブスターをボイルして調理。3~4種類のソースで提供する。価格はサイズにより時価。2週間前までに予約が必要となる。

ソフトシェルクラブを卵とオリジナルカレーソースで仕上げた「プーパッポンカレー」は、1,290円。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.