くらし情報『東京4区で提供中の自転車シェアリング、区域をまたいだ利用が可能に』

2015年12月18日 12:23

東京4区で提供中の自転車シェアリング、区域をまたいだ利用が可能に

東京4区で提供中の自転車シェアリング、区域をまたいだ利用が可能に
NTTドコモとドコモ・バイクシェアは12月15日、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都江東区の4区、東京都と協力し、現在4区でサービス提供中の「自転車シェアリングの相互利用の実現に向けた実験(広域実験)」を2016年2月1日から開始すると発表した。

広域実験では、4区の自転車サイクルポートを共用(相互利用)することで、110カ所以上のサイクルポートと1100台以上の自転車の利用、区境を越えた自転車の貸出や返却が可能になる。広域実験を通じて、相互利用によって想定される自転車の集中・偏りを緩和し、スムーズに貸出・返却ができる運営体制について検証、本格的な相互利用への移行を検討していく。

ドコモバイクシェアシステムは、自転車本体に通信機能やGPS機能を搭載しており、自転車本体にICカード対応のカードリーダーを搭載。カードリーダーは自転車本体の操作パネルに搭載されているため、ICカードやおサイフケータイ対応の携帯電話/スマートフォンをかざすことで、その場ですぐに貸出/返却ができる。また、無人型登録機では、タッチパネルでの操作で簡単に会員登録や1日パスの購入などが可能で、交通系ICカードでの決済にも対応している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.