くらし情報『阿部寛&北村匠海、ゆずの歌声に「温かい気持ち」 映画『とんび』主題歌に』

2022年1月24日 07:00

阿部寛&北村匠海、ゆずの歌声に「温かい気持ち」 映画『とんび』主題歌に

阿部寛&北村匠海、ゆずの歌声に「温かい気持ち」 映画『とんび』主題歌に

俳優の阿部寛が主演を務める、映画『とんび』(4月8日公開)の本予告映像と主題歌が24日、公開された。

同作は重松清によるベストセラー小説の初映画化作で、瀬々敬久が監督を務める。広島県備後市で暮らすヤス(阿部寛)は、愛妻との間に待望の息子アキラ(北村匠海)を授かったが、ようやく手に入れた幸せは、妻の事故死で無残にも打ち砕かれてしまう。親の愛を知らずして父になったヤスは、仲間たちに助けられながら、不器用にも息子を愛し育て続ける。

主題歌は今年デビュー25周年を迎えるアーティスト・ゆずの書き下ろし楽曲「風信子」 (ヒヤシンス)に決定し、主題歌を使用した本予告映像が公開された。青いヒヤシンスの花言葉は「変わらぬ愛」ということで、子から親への愛と感謝の気持ちがつめこまれた、本作のために書き下ろされた楽曲となる。

本予告映像は息子・アキラの「父は街の名物男だった」という語り口から始まる。幼馴染の照雲からは「ヤスが父親になるんじゃけ、日本も平和になったちゅうこっちゃ」と言われるほど破天荒な父ヤス。「とんびが鷹を生んだ」と街の人々に囃されるほど愛らしい息子と美佐子と3人で仲睦まじく人生絶頂の幸せにいた家族だったが、突然の悲劇に見舞われる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.