くらし情報『ローソン、山口県宇部市に西日本初のケア(介護)拠点併設型コンビニを開店』

2016年1月12日 10:30

ローソン、山口県宇部市に西日本初のケア(介護)拠点併設型コンビニを開店

ローソン、山口県宇部市に西日本初のケア(介護)拠点併設型コンビニを開店
ローソンと河村福祉サービスは1月8日、河村福祉サービスの子会社である河村商事がフランチャイズ(FC)オーナーとなり、介護相談窓口やサロン・スペースなどを併設したケア(介護)拠点併設型店舗の山口県内1号店として「ローソン宇部中央町一丁目店」(山口県宇部市)を1月15日にオープンすると発表した。

ローソンは高齢化や健康意識の高まりを受け、社会変化に対応した次世代コンビニ・モデルの構築に取り組んでいるという。新店舗は通常のコンビニ機能に加え、ケア・マネジャーまたは相談員が駐在する介護相談窓口を店内に併設する他、自治体や地域の情報などを提供し、地域住民の交流の場となるサロン・スペースも設置した「ケア(介護)拠点併設型店舗」であり、同種の店舗としては同社にとって西日本初という。

山口県を中心に地域に密着した介護サービスを展開している河村福祉サービスが併設する介護相談窓口を運営し、河村商事がローソンのフランチャイズ・オーナーとなりローソン店舗を運営するとのこと。

ローソンと河村福祉サービスは互いの持つ専門性を生かし、アクティブ・シニアから介護が必要なシニア及びその家族など、地域住民の健康で安心な生活をサポートする機能を付帯した新たなコンビニ・モデルを構築していくとしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.