くらし情報『右左旋円偏波対応のBS・110度CSアンテナ - 4K・8K衛星放送も受信可』

2016年1月16日 10:00

右左旋円偏波対応のBS・110度CSアンテナ - 4K・8K衛星放送も受信可

右左旋円偏波対応のBS・110度CSアンテナ - 4K・8K衛星放送も受信可
マスプロ電工は1月14日、右左旋円偏波信号を同時に受信できるBS/110度CSアンテナを発表した。右旋円偏波で送出されているBSデジタル放送と110度CS放送に加え、左旋円偏波で送出される4K・8K衛星放送を受信できる。

総務省が2015年7月に発表したロードマップによると、2017年に110度CS左旋円偏波で4K試験放送、2018年にBS右旋円偏波および110度CS左旋円偏波で4K実用放送、BS左旋円偏波で4K・8Kの実用放送が開始される。

このたびマスプロ電工が発表した新製品は、従来のBS/110度CS放送で使用されてきた右旋円偏波信号と、今後4K・8K放送で使用される予定の左旋円偏波信号を同時に受信できるアンテナ。受信周波数は11.7~12.75GHz。受信した信号を1,032~3,224MHzに変換して出力することで、1本の同軸ケーブルで複数の部屋へ配信できる(別途、分配器や直列ユニットといった3,224MHz対応のテレビ受信機器が必要)。アンテナ利得はBSが33.8dB、CSが34.2dBとなる。雑音指数は0.45dB。ただし、スカパー! プレミアムサービスは受信できない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.