くらし情報『竹中工務店、特許出願の水を使わないデータセンター空調「リアドア VCS」』

2016年3月8日 16:40

竹中工務店、特許出願の水を使わないデータセンター空調「リアドア VCS」

竹中工務店、特許出願の水を使わないデータセンター空調「リアドア VCS」
竹中工務店は、データセンターの空調システムとして、サーバラック背面で冷却するリアドア(ラック背面)空調方式と、冷媒自然循環(VCS:VaporCrystalSystem)方式を組み合わせた「リアドアVCS」(特許出願済)を開発したと発表した。

同社は今回、ラックごとに熱交換をすることで効率的にサーバを冷却することが可能なリアドア空調方式に着目した。ただ、従来のリアドア空調方式は省エネ性能に優れている一方で、冷却冷媒として水を扱っていたことから、漏水の懸念があった。そこで、新たに開発した「リアドアVCS」では、冷却冷媒にエアコン等で使われる冷媒ガスを採用。水を持ち込まない高効率な熱交換が実現されるとともに、低コストでの導入が可能となったという。

特にシステムの安全対策が求められるFISC(金融情報システムセンター)準拠のデータセンターなどにも適用可能で、リアドア(ラック背面)空調方式のため、冷却空気を送るための床下空間や天井内空間が不要になるという。

同社によればこのシステムでは、サーバ室全体を空調する方式と比べ、サーバ冷却用のエネルギーが16%削減されるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.