くらし情報『F・O・インターナショナル、「ASTERIA WARP」でデータ分析基盤を構築』

F・O・インターナショナル、「ASTERIA WARP」でデータ分析基盤を構築

F・O・インターナショナル、「ASTERIA WARP」でデータ分析基盤を構築
インフォテリアは3月30日、F・O・インターナショナルの販売、生産、物流システムなどから生成される多種多様な情報資産をデータ分析するための専用システム環境の構築に、ASTERIAシリーズのEAI/ESB製品「ASTERIA WARP(アステリア ワープ)」が採用されたと発表した。

ベビー・子ども服の企画・生産・販売を行うF・O・インターナショナルが同製品を採用した背景には、同社の社内システムは販売・生産・物流といった業務単位で構築されているため、業務横断的なデータ分析が必要な場合は各システムから必要なデータを収集し、Excelで分析するという工程が必要だったことにある。各業務システムは使用目的が現場の業務運営にあるため、そのパフォーマンスを優先すると一定以上の過去データが蓄積できず、長期的な視野でのデータ分析が不可能だったいう。

そこで、F・O・インターナショナルはさらなる成長を目指す上での戦略的な経営判断を行うために、より精度の高いデータ分析を実現できる「データ分析専門のシステム環境」の構築が急務と考え、従来の業務系システムとは別にデータウェアハウスを構築することを決定。その構築にインフォテリアの「ASTERIA WARP」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.