くらし情報『どうしてiPhoneはガラスが割れても操作できるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ』

2016年4月7日 11:38

どうしてiPhoneはガラスが割れても操作できるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

どうしてiPhoneはガラスが割れても操作できるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『どうしてiPhoneはガラスが割れても操作できるの?』という質問に答えます。

***

iPhoneはディスプレイ表面のガラスが割れても、ある程度の操作は可能です。しかし、細かい破片が指に刺さるなどの事故が起きかねず危険です。可能なかぎり早く、予約のうえ最寄りのApple Storeなり正規サービスプロバイダなりへ持ち込みましょう。

とはいえ、iPhoneは指先に注意すればある程度操作できてしまいます。iPhone 5以降のiPhoneは、タッチパネル機能を液晶セル内に内蔵した「インセル型」を採用しており、ガラスが割れてもまったく操作不能になることはありません。本来は光の透過率を高め、より軽くて薄いディスプレイとすることが目的の技術ですが、表面の破損に強いという副産物が生じてしまっているわけです。

一方、他のスマートフォンはディスプレイ表面のガラスが割れると操作不能になることがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.