くらし情報『山田涼介、15キロ増量のムキムキ具合に『ハガレン』原作者も驚きのコメント』

2022年6月30日 12:00

山田涼介、15キロ増量のムキムキ具合に『ハガレン』原作者も驚きのコメント

山田涼介、15キロ増量のムキムキ具合に『ハガレン』原作者も驚きのコメント

映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』(6月24日公開)の原作コラボPVが30日に公開された。

同作は2001年から2010年にかけて『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載された人気漫画の実写化作。亡き母を生き返らせようと、禁忌を犯して挑んだ"人体錬成"に失敗し、左脚と右腕を失った兄エドワード・エルリック(山田涼介)と、身体全部を持って行かれ鎧に魂を定着させた弟アルフォンス・エルリック(水石亜飛夢)の物語を描く。

PV映像では、原作でもお馴染みのエドの「立てよド三流!」「ちょっと行ってくるわ、鋼の錬金術師、最後の錬成にな!!」、キング・ブラッドレイが放つ「私の城に入るのに、裏口から入らねばならぬ理由があるのかね?」、ヴァン・ホーエンハイムがホムンクルスのプライドに向かって言う「俺の息子をバカにするな。」、オリヴィエ・ミラ・アームストロングの「事が終えた時には英雄になっているかもしれんぞ。」といった名台詞の数々や、心理の扉の前で鎧の姿をしたアルと人間の姿をしたアルが握手するシーン、クライマックスに向けて若い姿をした“お父様”と戦うエドの姿、そして、最後の錬成に向かうエドの姿などの本編映像が原作カットと共に収められた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.