くらし情報『桜、ツツジ、大藤、さつき――15万坪の巨大庭園で「花まつり」を開催』

2012年4月2日 23:45

桜、ツツジ、大藤、さつき――15万坪の巨大庭園で「花まつり」を開催

桜、ツツジ、大藤、さつき――15万坪の巨大庭園で「花まつり」を開催
佐賀県武雄市の御船山楽園では、4月1日から5月6日まで、恒例イベントの「花まつり」を開催している。

今年で43回目となる同イベントには、同園の年間来場者数約12万人のうち5万人以上が訪れるという。

標高わずか210mでありながらも美しく切り立った断崖をもつ御船山を背景に、5,000本の桜、20万本のツツジ、樹齢170年の大藤などが楽しめる。

桜は入門ゲート周辺の池周辺に多く、大藤は造園当初からある萩野尾御小屋のそば。

またツツジは御船山の麓に絨毯のように広がる。

期間中には「萩野尾御小屋」の特別公開も行われ、縁側でお団子セットなどを楽しむこともできる。

ちょうど開花を迎えた桜に引き続き、4月中旬~5月上旬にはツツジ、4月下旬~5月上旬には大藤、5月下旬~6月上旬にはさつきが開花予定だ。

(※気候により開花時期は変動あり)狩野派の絵師を京都から招いて完成予想図を描かせ、約3年かけて1845年に完成したという、池泉回遊式庭園の春の装いはまた格別である。

※開花状況により、入園料の変動期間が前後する可能性あり
※御宿竹林亭・御船山観光ホテルに宿泊の場合は入園無料
※団体割引あり(30名以上)
※駐車場:無料駐車場(600台)/バス専用駐車場あり(15台)
【拡大画像を含む完全版はこちら】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.