くらし情報『動物の高速道路・線路侵入を防ぐ「ウルフピー」、販売出荷量6,000リットルを突破』

2012年4月19日 10:45

動物の高速道路・線路侵入を防ぐ「ウルフピー」、販売出荷量6,000リットルを突破

動物の高速道路・線路侵入を防ぐ「ウルフピー」、販売出荷量6,000リットルを突破
田畑の作物、民家や庭園、高速道路などを動物から保護する商品「ウルフピー」を輸入している有限会社エイアイ企画は、同商品の販売出荷量が6,000リットルを突破したことを発表した。

同商品は、「動物は天敵の臭いのある場所に近づかない」という習性を利用し、田畑の作物、民家や庭園、高速道路などを動物から保護する目的で開発されたもの。

約10ccから30㏄ずつ小型容器に小分けにし、動物から守りたい場所をブロックするように設置する。

人にはわからない臭いだが、動物はそこに「オオカミがいる」と勘違いして近づかなくなるという。

動物の本能に天敵の存在をはたらきかけるため、既存の忌避材に比べて動物が臭いに慣れにくいのも特徴とのこと。

現在までに、農業関連だけでなく、全国のNEXCOやJR等で獣害対策の手段として多く活用されている。

同商品はオオカミを捕食者とする、猿、イノシシ、鹿、タヌキ、ハクビシン、犬など被害をもたらすほとんどの哺乳類に対して効果が確認されているとのこと。

また、食の安全に対する意識の高まりを受け、農林水産省JAS認定機関であるアファス認証センターより、「JAS有機適合資材」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.