くらし情報『鉄道トリビア (163) 銀座線にも相互乗り入れ計画があった』

2012年8月22日 01:05

鉄道トリビア (163) 銀座線にも相互乗り入れ計画があった

鉄道トリビア (163) 銀座線にも相互乗り入れ計画があった
東京メトロの路線の中で、銀座線と丸ノ内線は、JRや他の私鉄と相互直通運転を実施していない。

銀座線は日本で最初に開通した地下鉄で、丸ノ内線は東京で2番目、全国でも4番目に開業した路線だ。

銀座線が建設された当時は、他の路線との直通運転などはあまり考慮されておらず、独自のサイズで建設された。

いまとなっては小さな電車だけど、当時のライバルは路面電車だから、何両も連結して走る地下鉄電車は、これでも大量輸送手段だったといえる。

地下鉄の運営など初めてのことで、需要予測の経験が乏しく、なるべくお金をかけないように建設されたようだ。

電車が小さい理由もトンネルを小さくするためだし、そのために架線とパンタグラフではなく、「第三軌条」といって、給電用のレールから電気を供給する方式とした。

しかしこれが仇となって、後の”相互直通運転ブーム”から取り残されてしまう。

地上の鉄道は車体がひと回り大きく、架線集電方式だ。

線路の幅も合わない。

銀座線は渋谷駅で京王井の頭線とレールを突き合わせるような位置関係だけど、上記の理由で相互直通運転はできなかった。

しかし、そんな地下鉄銀座線にも、幻となった相互直通運転計画があった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.