くらし情報『JR只見線、会津坂下駅~会津川口駅間での「タブレットの受渡し」が廃止に!』

2012年9月12日 18:39

JR只見線、会津坂下駅~会津川口駅間での「タブレットの受渡し」が廃止に!

JR只見線、会津坂下駅~会津川口駅間での「タブレットの受渡し」が廃止に!
JR東日本仙台支社はこのほど、只見線の一部区間(会津坂下~会津川口間)で行っていた「タブレット閉塞式」による運転保安方式を廃止し、9月23日より「特殊自動閉塞式」に変更すると発表した。

機器の老朽化によるもので、ローカル線の象徴的な風景として親しまれてきた「タブレットの受渡し」が只見線で見られるのは22日までとなるという。

これに合わせ、同社は22日限定で、「JR只見線ありがとうタブレット記念の旅」を実施する(すでに完売)。

会津若松駅発、会津川口駅着の列車に乗り、会津川口駅または会津坂下駅で「タブレット閉塞機」に触れる体験ができるツアー。

かつて只見線で使用され、現在会津若松駅で保管されている本物の閉塞機を使用する。

会津若松駅をそれぞれ7時37分、11時5分、13時10分に出発する列車が対象となる(11時5分発は臨時列車)。

各列車20名の参加者を募集したが、即完売している。

22日には、会津若松~会津川口間の10駅の入場券をセットにした「只見線タブレット記念入場券」も限定発売される。

発売額は1,400円。

会津若松駅、会津坂下駅、会津宮下駅、会津川口駅の各駅にて取扱う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.