SNS投稿だけで寄付できる!? 日常でできる“森を育てる取り組み”に参加しよう! ニコライ・バーグマンのクリスマス限定フラワーボックスももらえるかも!

2017年11月20日 17:00
 

[PR]


牛乳や豆乳、ジュースなど飲料用紙パックに印刷されているあるマークをご存じでしょうか。何やらそのマークを意識するだけで、知らず知らずのうちに“森林保全”に貢献できるとか。皆さんも、朝は牛乳や野菜・果実ジュース、ランチにはお茶、スナックにはコーヒー牛乳や豆乳など、コンビニや社内外の自販機で、1日に何度も「飲料」を購入している方も少なくないと思います。これら紙パック飲料は、私たちの身近な存在ですよね。忙しい日々のなかでも簡単にできる、環境にちょっといいこと、ご紹介します!

■ 日頃ちょっと意識するだけで環境に貢献できる。それが「FSC®マーク」!

そのマークの名前は、「FSCマーク」。FSCマークは、印刷紙、木工製品、衣料品のタグ、文房具、化粧品や食品の箱など、身の回りのさまざまなものに印刷されています。皆さんの家のなかにも既に存在しているかも!? 特に飲料に関しては、数多くの大手飲料メーカーの製品に採用されているので、きっと手に取ったことがあると思います。

それらの飲料用紙パックを製造しているのは、テトラパック社。テトラパック社は、FSCマーク付き容器を全世界で供給している企業です。同社が発信する「森林保護」のコンセプトは、日本でも多くの飲料メーカーの賛同を得て広がりを見せています。同社は環境先進国・スウェーデン発の企業ですが、国土に森林が多く、「木」を愛する文化があるという意味では、日本とも近しい感覚があるのかもしれませんね。

FSC(Forest Stewardship Council®)は「森林管理協議会」の略で、大切な森林を次世代にも受け継げるよう、皆で守っていくために定められたルールです。きちんとルールを守って育てられた木材や資源、そしてそれを扱う信頼できる企業の製品にのみ、「FSCマーク」は付与されています。

そのため、スーパーでもコンビニでも、購入時にちょっと意識して「FSCマーク」がある商品を選ぶだけで、私たちも「責任ある購入」を実施したことになり、森林保全に貢献できるというわけです。環境保護活動に興味はあるけれど参加する余裕がない…という人も、これくらいのことなら負担なくできるので嬉しいところ。ママであれば、お子さんと一緒においしい飲み物を飲みながら、「木や森の大切さ」についてちょっとお話してあげるのもおすすめです!

■飲料パックの「FSCマーク」を撮って投稿するだけで、苗木5本分に!

日本テトラパック社とFSCジャパンは現在、SNSと連動したキャンペーンを行なっています。その名も、「ACT FOR FOREST~みんなでつくる未来の森 キャンペーン~」。宮城県にある、南三陸の森に協賛した取り組みです。
このキャンペーンでは、テトラパック社製の飲料用紙パックに付いているFSCマークを写真に撮り、「#森を守るマークFSC」というハッシュタグをつけてSNSに投稿すると、苗木5本分が「南三陸森林協議会の森」の支援のために寄付されるという仕組みです。

南三陸町は宮城県の北東部の海岸沿いに位置しており、1.3万人ほどの人口を誇る町。77%を山林が占めていますが、森の栄養豊富な水が海にも流れ込んでいるため、山の恵み、そして海の恵みも豊かな町です。

同町は現在、自治体をあげて「自然との共生」に注力している町として、注目を集めています。そのきっかけは、忘れ得ぬ東日本大震災。大きな被害を受けた東日本大震災からの復興にあたり、「南三陸町バイオマス産業都市構想」を策定。地域のバイオマス資源を有効活用し、“人と環境に優しく災害に強いまちづくり”が2014年よりスタートしました。

津波で多くのものが流されていったなかで、森だけは生き残った。森は未来に繋いでいくべき大切な“財産”として守り、持続的に活用していきたい――。そう考えた地元の若い林業家が「FSC®森林認証」の取得を決意し、2015年、同県初の認証取得に至りました。同様にカキ養殖業でも、水産業の持続可能性を審査する国際認証制度「ASC認証」を取得。南三陸町は森と海、両方で国際認証を取得した団体がいる日本初の自治体となり、世界でも非常な稀なモデルケースとなっています。

飲み物を写真に撮って、それをSNSに上げるだけで寄付ができるなんてとっても簡単ですし、意味のある投稿ができたと思うと、気持ちもいいですよね! 復興支援や環境保護に興味があるお友達にも、ぜひSNSを通じて、いち早く呼びかけちゃいましょう!

■Nicolai Bergmann Flowers & DesignのFSC限定クリスマスプリザーブドフラワーボックスが当たるキャンペーンも!

さらに、こちらのサイトでは「FSCマーク」に関する簡単なクイズに答えると、抽選で30名様にNicolai Bergmann Flowers & DesignのFSC限定クリスマスプリザーブドフラワーボックスが当たる、スペシャルなキャンペーンも実施中です。また、今回は特別にFSC認証の木箱を使ったフラワーボックスでお届けします。

Nicolai Bergmann Flowers & Designは、デンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ バーグマンが立ち上げたフラワーデザインブランド。北欧と和を融合したデザイン、印象的なカラーグラデーションで人気を博しています。南青山のフラッグシップストアのほか、六本木ヒルズや新宿伊勢丹など国内外に12の店舗を構えており、主催のフラワースクールも大人気。幅広い世代に支持されています。

豊かな森林と花々、美しい自然は、私たちの暮らしを豊かにし、しかし力強く支えてくれている大切な存在。どんなにテクノロジーが進んでも、未来を生きる子どもたちに変わらぬ姿で残してあげたいですよね。森を育てる「FSCマーク」の取り組みは、皆さんの生活のすぐ近くで進んでいます。ぜひこのキャンペーンを通じて、身近な存在に感じてみてくださいね。


キャンペーンはこちら

PR:日本テトラパック
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.