くらし情報『ヴァン クリーフ&アーペルが現代アーティスト・松宮硝子とのコラボディスプレイを展開』

2015年8月11日 11:15

ヴァン クリーフ&アーペルが現代アーティスト・松宮硝子とのコラボディスプレイを展開

ヴァンクリーフ&アーペルが現代アーティスト・松宮硝子とコラボレーションしたスペシャルウィンドウディスプレイ

ヴァンクリーフ&アーペルが現代アーティスト・松宮硝子とコラボレーションしたスペシャルウィンドウディスプレイ

ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)は、9 月1 日まで銀座本店(東京都中央区銀座7-8-5)にて、現代アーティスト・松宮硝子とコラボレーションしたスペシャルウィンドウディスプレイを展示中。松宮硝子は1981年生まれ、ガラス細工を使った作品で知られる若きアーティスト。

ディスプレイのテーマは、『新しく生まれる何か』。銀座の目抜き通りから差し込む光を受けて、繊細なガラスの泡がリフレクションし、幻想的な世界を奏でる。松宮硝子が巧みにガラス素材を操り、新たな息吹を吹き込み創り上げる世界は、ピュアでフェミニン。松宮の作品は神秘性と力強い美しさを併せ持ち、その様はまるで未知の生物のようだ。連なりあった透明な球が“新しい何か”を生み出す生命力を思わせ、時間とともに移ろう光が、厳選された石がセットされたウエディングリングのエレガンスを魅惑的に輝かせる。

また、全国のヴァンクリーフ&アーペルで、8 月23 日までブライダルフェアも開催している。期間中、厳しい基準で選定されたダイヤモンドだけを使ったブライダルコレクションがフルラインでブティックに並ぶ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.