くらし情報『最高峰の金の歴史6000年を紐解く「黄金伝説」展公式図録【NADiffオススメBOOK】』

2016年4月7日 20:00

最高峰の金の歴史6000年を紐解く「黄金伝説」展公式図録【NADiffオススメBOOK】

『黄金伝説展』

各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週木曜日は、アート・ブックショップ「NADiff(ナディッフ)」各店がオススメする1冊をご紹介。今回は愛知・名古屋の支店・ナディッフ愛知(愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター地下2階)です。■『黄金伝説展』本書は、愛知県美術館(名古屋市東区)で開催中の同名展覧会の公式図録。「黄金伝説」展では、地中海地域の古代文明がもたらした金の傑作約280作品を、金を題材とする絵画と共に展示している。展覧会は4章構成で、第1章「世界最古の金」は神話世界と黒海沿岸が舞台となる。世界最古とされる約6000年前の金は1970年代にブルガリアで出土したもので、出土した際の墓も副葬品と共に再現展示されている。その70年代の大発見は、ルネサンス期に度々描かれた金にまつわる神話画で伝えられて来た伝説は本当だったのかもしれない、と人々に強く意識させ大きく話題になったという。第2章「古代ギリシャ」、第3章「トラキア」、第4章「エトルリアと古代ローマ」と続き、黄金遺産やジュエリーで古代地中海の歴史を辿りながら、当時の人々の暮らしや文化を窺う。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.