くらし情報『幸せを運ぶ四つ葉のスツール。小林幹也による新家具ブランド「タイヨウ アンド シー」デビュー』

2016年11月15日 10:00

幸せを運ぶ四つ葉のスツール。小林幹也による新家具ブランド「タイヨウ アンド シー」デビュー

小林幹也が「タイヨウ アンド シー(TAIYOU&C.)」が日本製にこだわった家具の第一弾をローンチ

YOSUKE OWASHI


次世代の日本デザイン界を牽引するデザイナーの一人、小林幹也が「タイヨウ アンド シー(TAIYOU&C.)」から日本製にこだわった家具の第一弾をローンチした。日常生活で意識することは少ないものの人間にとって欠かせない太陽と人との関係が、理想的な家具と人間の関係に似ているのではないかという思い。「タイヨウ アンド シー」は目立つことはなくとも人々の日々の活動を裏からしっかりと支える存在でありたいとの思いを背景に設立された小林幹也による新しい家具ブランド。今回、日本製にこだわった家具の第一弾として小林幹也と倉本仁による椅子2種とリチャード・ハッテンによるスツール1種、小林幹也によるテーブル1種が2016年11月、東京で発表された。「タイヨウ アンド シー」の精神を象徴するラウンド(ROUND)は円形の笠木で、背中を低い位置で支えながら肘掛にもなる機能的なデザインのチェア。座面が真円のため、どのような向きでも自然に座ることができるのが特徴だ。またコンパクトかつ軽量であるがゆえ7脚までスタッキングが可能。キーストーン(KEYSTONE)は円形の座面に前後に開く脚と、それを囲い込むアームと背板で構成されたチェア。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.