くらし情報『メゾン キツネ、デジタルなモチーフを散りばめた“ギーク”なプレッピースタイル【2018-19年秋冬メンズ】』

メゾン キツネ、デジタルなモチーフを散りばめた“ギーク”なプレッピースタイル【2018-19年秋冬メンズ】

2018年2月17日 17:00
 

メゾン キツネ(MAISON KITSUNÉ)が2018-19年秋冬メンズコレクションを発表した。

今シーズンは「Dream Amplifier」をテーマに、ギークカルチャーにインスパイアされたコレクションを展開。予想外の組み合わせのファブリックや大胆に重ねたグラフィックによって、ブランドのシグネチャーであるクラシックでプレッピーなシルエットを“ハッキング”。レイドバックな雰囲気はそのままに、デジタルなエッジを随所に効かせたプレイフルなワードローブに仕上がっている。

カラーパレットは、グレーやバーガンディー、グリーンなど、シックで落ち着いたトーン。グレンチェックのスーツは、タック入りのクロップドスラックスとロゴキャップによってルーズにまとめられている。ライトブルーのストライプシャツは、胸元にロゴマークをあしらったフリースベストを重ねて、ややレトロな雰囲気に。袖を無造作にロールアップしたり、異なる柄の靴下を重ね履きしたりと、全体的にはノンシャランでありながら、絶妙なレイヤードテクニックによってギークな空気感を醸し出している。

ポップアップウィンドウを連想させるラベルやプリントなど、コンピューターの世界から着想を得たグラフィックも目を引く。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.