くらし情報『幻の日本最寒マイナス41.2度を記録した北海道「シュマリ」の冒険ツアー』

2018年3月7日 19:00

幻の日本最寒マイナス41.2度を記録した北海道「シュマリ」の冒険ツアー

幻の日本最寒マイナス41.2度(非公認)を記録した、北海道北部の道北地域に位置する幌加内町(ほろかないちょう)の朱鞠内湖(しゅまりないこ)、通称シュマリにて、極地的フィールド冒険ツアーが開催される。

幻の日本最寒マイナス41.2度を記録した北海道「シュマリ」の冒険ツアー

朱鞠内湖一帯では、過去に日本最低気温のマイナス41.2度を記録し、現在もマイナス30度以下、2018年2月14日には北海道でも36年ぶりに3メートルを越える3m11cmの積雪を記録。道内でも「別格」の地として知られている。同地は電力供給のために造られたダム湖だが、70年以上の時を経た今もなお深い原生林に囲まれ、絶滅危惧種である幻の魚「イトウ」をはじめとした様々な生物が生息する豊かな自然環境が残されている。

幻の日本最寒マイナス41.2度を記録した北海道「シュマリ」の冒険ツアー
Photo by Senshu Katsu
本ツアーでは、極寒豪雪地帯で暮らすシュマリの冬の達人・中野信之が冒険をガイド。「体験アクティビティープラン@レークハウスしゅまりない」(1泊2食、宿泊費込/35,000円)では、プライベート感あふれる湖上のテントへ移動し、“湖上カフェ”へと案内。厳寒の湖で温かいドリンクとフードで一息つくことができる。また、朱鞠内湖の冬ならではのワカサギ釣りも体験可能。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.