くらし情報『ピナ・バウシュなどに着想を得たディオールが表現する身体美【2019春夏ウィメンズ】』

2018年10月3日 20:00

ピナ・バウシュなどに着想を得たディオールが表現する身体美【2019春夏ウィメンズ】

ピナ・バウシュなどに着想を得たディオールが表現する身体美【2019春夏ウィメンズ】
Photo : CARLOTA GUERRERO FOR DIOR
ロンシャン競馬場内の特設テントにて、バレエダンサーたちを従えて2019年春夏 プレタポルテ コレクション ショーを開催したディオール(DIOR)。アーティスティック ディレクター マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)は、ここ最近特定の女性にスポットを当てながらのクリエーションを行っているが、今シーズンも希代の女性バレエダンサーたち、ロイ・フラー(Loie Fuller)、ルース・セント・デニス(Ruth St.Denis)、イザドラ・ダンカン(Isadora Duncan)、ピナ・バウシュ(Pina Bausch)、マーサ・グラハム(Martha Graham)をイメージソースとしている。

19世紀末から20世紀後半まで、様々な時代に活躍し、世界に影響を与えてきたバレエダンサーたちの衣装を思わせるロングシルエットのドレスと、ディオールのコードである「バー」ジャケットのフォルムを組み合わせ、クチュールメゾンならではの高度なテクニックを駆使。プレタポルテでもオートクチュールでもない、しかしそのどちらでもある、というディオールならではの世界観を描いている。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.