くらし情報『「ヘレンド展」パナソニック汐留ミュージアムにて - 王族が愛したハンガリーの高級磁器』

2017年10月17日 15:15

「ヘレンド展」パナソニック汐留ミュージアムにて - 王族が愛したハンガリーの高級磁器

「ヘレンド展」パナソニック汐留ミュージアムにて - 王族が愛したハンガリーの高級磁器

「ヘレンド展」が、2018年1月13日(土)から3月21日(水)まで、パナソニック汐留ミュージアムにて開催される。

ヘレンドとは、1826年にハンガリーで創設された磁器製作所のこと。ハプスブルク皇帝の保護を受けて発展し、皇妃エリザベートをはじめとする王侯貴族たちが愛した名窯として、今日に至るまで高い評価を得ている高級磁器窯だ。

ヘレンドの魅力は、その華やかな文様と繊細な絵付け、また、花々や草木を模る、透彫りや彫塑飾りといった精巧な装飾技術にある。さらに、ヨーロッパで流行した中国趣味のスタイルにおいても独自の発展をとげ、シノワズリーの作品はヘレンド磁器の中でも最も魅力的なものとして重要視されている。

本展では、ヘレンドの誕生から現在まで、およそ190年にわたる歩みが、およそ150件230点の作品によって紹介される。ブタペスト国立工芸美術館が所蔵するヘレンド磁器コレクションを中心に、日本初公開作品を含む重要な作品が出展される。

【詳細】
「ヘレンド展 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
会期:2018年1月13日(土)~3月21日(水)
休館日:水曜日(ただし3月21日(水)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.