くらし情報『カルヴェン 2018-19年秋冬コレクション - 不協和音が生むドラマティックなサウンド』

カルヴェン 2018-19年秋冬コレクション - 不協和音が生むドラマティックなサウンド

2018年3月11日 10:45
 

関連リンク

・グロリアスチェーンカフェより、クリームチーズソフトたっぷりの贅沢なパフェが心斎橋店限定で登場
・【ルック】イッセイ ミヤケ メン2019春夏コレクション
・アミ アレクサンドル マテュッシ 2019年春夏コレクションをライブ配信
カルヴェン 2018-19年秋冬コレクション - 不協和音が生むドラマティックなサウンド

カルヴェン(CARVEN)の2018-19年秋冬ウィメンズコレクションがフランス・パリで発表された。

クリエイティブ・ディレクターのセルジュ・ルフューによるセカンドショーは、異なる要素のドッキングがキーワードに。デニムとチェックのネルシャツ地が組み合わされたアウターを筆頭に、ダウンとウールが融合したコート、ポケットだけ異素材を取り入れたロングコートなどがラインナップしている。

また、スタイリングでも異なるテクスチャーのファブリックをミックス。カーペットのように厚みのあるウールアウターに、肌を透かしてみせるシースルースカート。ダウンアウターにもトランスペアレントなスカート。また、シャツの下からモヘアのニットがだらりと伸びていたり、ベストの下からロング丈のシャツが顔を出しているいたり、突っ込みたくなるような違和感のあるコーディネートが続く。

アイテムそのものは、細かなディテールで個性を持たせたものが多い。チェック柄のシャツは裾の辺りに細かな刺繍が施されている。立ち襟のブラウスは、肩やウエストの一部分から違うテキスタイルがのぞいている。スカートはラウンド型に裾をカットアウトして、サイドにボタンをセット。ボタンの開閉に応じてスリットの大きさが変わる、ユニークなディテールとなっている。

今季のカルヴェンスタイルを決めるのは、デコラティブなフットウェア。レースアップブーツとモカシンの2モデルには、リボンやフリンジがアッパーにふんだんにあしらわれている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.