くらし情報『「川崎大師風鈴市」国内外900種3万個の風鈴が集結、川崎大師オリジナル“厄除だるま風鈴”も』

2018年7月9日 13:30

「川崎大師風鈴市」国内外900種3万個の風鈴が集結、川崎大師オリジナル“厄除だるま風鈴”も

「川崎大師風鈴市」国内外900種3万個の風鈴が集結、川崎大師オリジナル“厄除だるま風鈴”も

「第23回 川崎大師風鈴市」が、2018年7月18日(水)から22日(日)まで、神奈川・川崎大師で開催される。

国内外から900種類3万個の風鈴が集結
2018年で開催23回目を迎える「川崎大師風鈴市」。開催当初は8都道府県の風鈴から始まったこのイベントも、今では国内外から900種類3万個の風鈴が集結し、5日間で30万人の来場者を数える日本最大級の風鈴市となっている。

今回は新たに千葉県の「南総風鈴」、新潟県の「地蔵堂風鈴」、長崎県の「長崎瑠璃ガラス風鈴」が参加。金属、陶磁器、ガラス、石など、様々な素材で出来た風鈴の数々が、会場となる境内一帯に涼しげな音色を奏でる。

川崎大師オリジナル「厄除だるま風鈴」に新色
毎年好評の川崎大師オリジナル「厄除だるま風鈴」には、新色が登場。定番の赤・白・透明・紫・緑・黄・桃・水・オレンジ・金・プラチナに新色の青を加えた全12色展開となる。古くから「厄除けのお大師さま」として知られる川崎大師で祈祷されたオリジナル風鈴は数量限定。目当ての色があるならば、早めの来場をオススメしたい。

なお、7月20日(金)・21日(土)には、江戸風鈴で知られる「篠原まるよし風鈴」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.